page top

ブログ

学校給食の無償化へ

 日本共産党東京都議団は、現在、おこなわれている都議会第4回定例会で、「学校給食費を半額にする条例(案)」を提案します。物価高騰の中、区市町村は国の交付金で食材費支援をおこなっていますが、これがなくなれば、保護者負担を増やすか給食の質を下げるしかありません。本来は無償化が必要ですが、まずは半額で、無償化への流れを広げるための提案です。中野区議会では10月に、国会と政府に対し、「学校給食費の無償化を求める意見書」を全会一致で可決しました。都議会でも、ぜひ、超党派で前進を。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。