page top

ブログ

市民の力を議会論戦で

 青森市が「学校給食を無料にする」という方針を示しました。市民の会が街頭で署名を集めながら、3回にわたり市議会に請願を提出。また、日本共産党は4年前の選挙で中心公約にすえ、実現を求め議会での論戦を重ねてきました。青森のよしまた洋県議は自らのTwitterで、『市長は、「選挙目当てだ」とか「福祉を削るか税金を上げるかしかない」とずっと冷たかったんですが、署名を集めて迫った結果だと思います。市民の声の力です』とコメント。給食費無料化を求めてきた粘り強い運動と議会論戦が、また一歩、政治を動かしました。一人ひとりの力があわされば、政治は変えること、動かすことができることをあらためて。とても励まさます。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。