page top

ブログ

怒りあっても諦めない

 「6月に申請してずっと保留‥」「21回の不備対応で結果は不支給‥」など、なぜ、ここまで苦しめられないといけないのか‥。本日夕方の報道特集で一時支援金や月次支援金の不備ループ問題があらためて取り上げられました。

 

 そして、今後予定されている事業復活支援金 ですが、一時支援金や月次支援金と同じ委託事業者なのです‥。全国商工団体連合会さんが運用に対し「審査は透明・公正に」「審査機関とコールセンターの連携を」「丁寧な対応・説明を」と要望。あたりまえのことを申し入れしないといけないのは、これまでの対応があまりにもひどいから。同じく、12/13付の商工新聞さんの記事に、「怒りあっても諦めない」と。国会と連携し、諦めず声を届けたい。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。