page top

ブログ

発熱外来の現状は

 谷川医師から発熱外来の状況報告。本当に本当に深刻です。一昨日、相談があった方は88才。コロナ陽性となったが入院できるところがなく自宅待機と‥。それだけひっ迫しています。中野区保健所も他部署からの支援を増やし対応していますが現場は本当に大変に。無症状の方をどれだけ早く受けとめて保護できるか、PCR検査を抜本的に増やすことが必要です。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。