page top

ブログ

生活保護の扶養照会は廃止を

 本日4日付の東京新聞の2つの記事をご紹介いたします(それぞれタイトルをクリックすると記事にアクセスできます)。 生活保護の「扶養照会」、新宿、中野、足立の各区が10%以下となっています。支援団体の皆さんとともに、議会でも繰り返し求めてきました。記事の中で小林美穂子さんも指摘されている通り、扶養照会そのものを全国的に廃止すべきです。中野区で作成されたポスターについても触れられています。

 

生活保護の大きな壁「扶養照会」 都内28市区、実施10%弱~90%強と格差 「ばらつくなら廃止を」:東京新聞 TOKYO Web

 

生活保護申請の「扶養照会」なぜ格差 「原則実施」が変わらないから 制度の前提に問題:東京新聞 TOKYO Web

 

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。