page top

ブログ

声と学びを

 今日も、メールや電話、LINEなどで生活相談が寄せられました。継続して対応している案件でようやく目処が立ってきたものも。生活保護利用の方の就労に関する相談では、CWの対応ひとつで今後を大きく左右する問題も。議会でもあらためて、取り上げたいと思います。何度も言いますが、「自助」や「共助」は、もう限界です。まさに、「公助」の役割が問われ続けています。明日は、【コロナ下の生活保障 「公(おおやけ)」を取り戻そう】と題された生活保護問題議員研修会に参加します。一人ひとりの声と学びを、区政にしっかりいかしていきます。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。