page top

ブログ

学びを力に

 おはようございます。昨日、「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」事務局長の井田奈穂さんの講演を伺いました。中野区議会では、2018年12月「選択的夫婦別姓制度の法制化を求める意見書の提出に関する陳情」を賛成多数で採択しましたが、現在、300を超える議会に広がっています(参考:全国アクションさんのHP)。当時の陳情審査の様子は、区議団メンバーに聞いたり議事録を確認したりしていましたが、井田さんに直接お会いしてお話を伺いたいと、ずっとずっと思っていたので、とても嬉しかったです。あらためて、井田さんらの活動に学ばされ力をいただきました。超党派で力あわせて、1日も早く実現させたいです。
 
 また、夕方からは、【コロナ禍の時代を生きる-科学・人権・市民的連帯-】と題した日本科学者会議東京支部さん主催のシンポジウムにオンラインで参加しました。今回は、依頼をいただき、大変に恐縮ながら、「生活相談などからみえるくらしの状況」をテーマに分科会でお話もさせていただきました。各分野の多岐に渡る報告も伺い、非常に学び大きい時間となりました。同時に、政治が果たすべき「公助」の役割が求められ続けているとあらためて、強く思いました。今週、中野区議は本会議や各委員会が続きます。学びを力に一歩ずつ。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。