page top

ブログ

多角的な視点から

 『医療への影響、貧困への影響を無視して「五輪ファースト」へと突き進むこの国は、一体、どこに向かうのだろうか』コロナ禍で、そして、東京五輪開催によって生じている様々な問題を、稲葉剛さんが多角的な視点から指摘しています。

貧困パンデミック下の五輪は今からでも中止を―支援現場に深刻な影響 民の命を軽んじ犠牲を強いる「五輪ファースト」 この国はどこへ向かうのか 稲葉剛 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科客員教授

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。