page top

ブログ

一緒に正面から受けとめて

 17日、中野区社会福祉協議会さん主催の企画へ。つくろい東京ファンドさん・中野よもぎ塾さんのコロナ禍での実践報告は、本当に学ぶことばかり。このお二人のお話だけでも、全体時間2時間、じっくり伺いたかった程、大事な内容でした。また、「コロナ禍でもどうしたらできるか」の視点で、悩みながらも工夫を重ねながらの5人の方の地域での取り組み報告は、これから活動に大きな力をいただきました。地域の民生児童委員さんはじめ、区民の方、様々なところで活動されている方々はもちろん、区長はじめ、区の職員さんも多数、参加されていました。それぞれの方の報告を、一緒に正面から受けとめて、施策の改善や充実に繋げていかねばと、あらためて思いました。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。