page top

ブログ

区長へ緊急要望

 本日、中野区長に対し、PCR検査の大幅拡充を求める緊急要望をおこないました(日本共産党議員団から長沢・小杉・羽鳥区議が代表して参加)。東京都医師会会長の記者会見や世田谷区の取り組みなども共有しながら、中野区PCR検査センターの検査件数の拡充、そのための支援など、7項目を要望しました。以下、全文です。実現のため、引き続き、取り組みます。

2020年7月31日

中野区長 酒井直人 様

日本共産党中野区議団

 

PCR検査の大幅拡充を求める緊急要望

 

 新型コロナウイルス感染症の感染は急拡大しており、極めて憂慮すべき事態になっています。中野区では感染者が571名を超え(7月29日現在)、区内PCR検査センターでの陽性率も12.3%(中野区感染症発生動向調査週報より)と全国平均を大きく上回っており、さらに感染が広がることが危惧されています。東京都医師会は30日、記者会見を開き、新型コロナウイルス感染症を収束させるためには①無症状者を含めた積極的な隔離、②感染が持続的に集積する地域である「感染震源地(エピセンター)」での徹底した対応、③エピセンターから周囲への感染を防ぐ、の3点が必要だと強調しています。その鍵となるのがPCR検査数の大幅拡大です。東京都医師会はPCR検査を都内の医療機関1400か所を目標に拡大すると表明し、世田谷区は1日の検査数を2000~3000件に引き上げ、「誰でも、いつでも、何度でも」検査を受けられる“世田谷モデル”の確立を目指すと表明しました。中野区においても区民の命とくらし、生業を守る基礎的自治体としての役割を果たすため、以下の項目を要望いたします。

 

 

1. 中野区PCR検査センターの検査件数を拡充するための手立てをとること
2. 中野区医師会と協力し、PCR検査を実施する医療機関を増やすこと
3. PCR検査を実施する医療機関に対する財政支援を拡充すること
4. 医療機関、介護施設、福祉施設、保育園・幼稚園、学校など、集団感染によるリスクが高い施設に勤務する職員、出入り業者への定期的なPCR検査を行うこと
5. 濃厚接触者と判断されない場合でも、希望する区民がかかりつけ医を通して無料でPCR検査を受けられるようにすること
6. 中野区保健所については、専門職の確保などさらなる体制強化を図ること
7. 上記の対策を講じるために国や東京都に対して人的・財政的措置を取るよう求めること

以上

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。