page top

ブログ

一人ひとりの声と行動が、政治を動かしました

 政府・与党は本日18日、特定の検察幹部の定年を内閣の意向で特例的に延長することを可能にする検察庁法改定案の今国会での採決を断念しました。インターネット上などに急速に広がった反対の世論と野党の論戦が、今国会での成立断念に追い込みました。まさに、一人ひとりの声と行動が政治を動かしました。

 これを受け、日本共産党・立憲民主党・国民民主党などの共同会派は、与党側の提案を受け入れ、引き続き、検察幹部の特例延長規定の撤回を求めていくことで一致しました。また、ここからです。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。