page top

ブログ

子どもたちが

 昨夜おこなわれた、第4回中野区子どもの権利擁護推進審議会を傍聴しました。「条例の前文は子どもたちがわかる記述にすることが大切」「条例が機能し続ける仕組みが必要」「子どもの相談・救済の仕組みをどう確保するか」など、今回も活発な議論が。他自治体の状況も詳細な報告があり、非常に学び多き審議会です。次回は4月20日の予定です。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。