page top

ブログ

2019年度の扶養照会は

 本日の区議会本会議質問で、共産党議員団の小杉区議が生活保護行政について質問。国民の権利として、しっかり明示しアナウンスすることを求め、また、扶養照会の中野区での実績を質しました。昨年(2019年)度、生活保護を新規で申請した世帯729件のうち186件に扶養照会を実施。その中で、金銭的援助に繋がった方は1件のみ(新規申請の0.1%)。他、23区調査で回答があった自治体のうち、例えば、大田区も0.1%、世田谷区でも0.2%などとなっています。それぞれの自治体で実績を明らかにして、扶養照会は「不要」の声を、さらに拡げていきたいです。
2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。