page top

ブログ

旧中野刑務所正門

 旧中野刑務所正門について、中野区教育委員会は「門の文化的価値、保存、公開」について中野区文化財保護審議会へ諮問をしていました。同審議会は2回開催され、7月30日に答申。8月21日の教育委員会に報告(非公開)。その後、8月28日の臨時教育委員会(非公開)を経て、本日9月4日の同委員会で教育委員会としての意見を議決しました。

 

 議決した教育委員会の意見は、門の文化財的価値は認めています。一方で、平和の森小学校新校舎建設に影響がでない範囲での保存を条件とし、現在の場所での保存や公開では新校舎建設のための校地面積・地形が確保できないため「真正性を失わない範囲で学校予定地以外で確保されたい」としました。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。