page top

ブログ

生活再建の視点で

 本日の区議会総務委員会。新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を踏まえ、基本構想・基本計画・区有施設整備計画について、策定時期を見直すこと、また、現況下での今年度の予算執行にあたっての考え方が示されました。具体的な支援策の補正予算については、現在、検討中との答弁。私からは、一定の歳出見直しは必要であると考えるが、新型コロナウイルスの影響によって、今後、区民生活が間違いなくさらに悪化していく中で、生活再建の視点での支援のあり方、そのための補正予算の必要性、国保や介護保険料などの減免措置についても検討することを要望しました。また、区内の医療機関で発生している新型コロナウイルス集団感染については、所管が厚生委員会となるため、経過や現況についての質疑はおこなえず。しかし、区民の中で不安や心配が拡がっていることに対し、行政として正しい情報を時期を逸することなく発信することを、あらためて求めました。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。