page top

ブログ

本気の共闘

『【立憲民主党候補の選挙ハガキに比例は共産党】東京6区・市民と野党の統一候補=立憲民主党の落合貴之候補の選挙ハガキ1万枚に、「小選挙区は落合貴之 比例は共産党」と呼びかける印刷が。日本共産党はこの選挙区で岸たけし氏が立候補を取り下げましたが、市民と野党の本気の共闘の1つの象徴のように思います。』と、Twitterでツイートとしたところ、500人をを越える方がリツイートして下さり、「これが本気の共闘」「こういうのいいね」など、賛同の声が沢山寄せられました(この件について12日付けしんぶん赤旗の記事はこちらより)。
 全国でも様々な本気の共闘が展開され、日々、力をいただいています。まさに、市民と野党が一緒に戦う選挙。昨日も宣伝カーで区内をまわりましたが、傘を上下に振って声援下さる方、親指でいいね!をしながら笑顔で激励下さる方、通りすぎてから共産党の宣伝カーとわかって両手で大きく手を振って下さる方等々。小選挙区候補の勝利とともに、比例は共産党を拡げきりたいです。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。