page top

ブログ

市民と野党の共闘

 本日、夕方の記者会見。東京・中野区の約半分を含む衆議院東京7区において、野党共闘実現のため、日本共産党から立候補を予定していた谷川智行氏は、7区での立候補を辞退することを表明しました。立憲民主党から立候補予定の長妻昭前衆院議員勝利のため、全力を尽くします。 谷川智行氏は比例の予定候補として、引き続き、活動をします。私も、皆さんとご一緒に、力をあわせます。
以下、谷川医師のコメントです(本人FBより)
 「私、谷川智行は東京7区からの立候補を取り下げることを記者会見で発表しました。東京7区では立憲民主党の長妻昭さんの勝利へ力を尽くします。これまでの皆さんのご支援に心から感謝いたします。国会前で「野党は共闘!」と声を上げ続けた日々を思い出しています。市民連合の皆さんと駅前に立ち続けた日々が頭の中を巡っています。1人の国民として、1人の医師として、多くの方々と一緒に行動してきたことは、私にとって原点のひとつになっています。「憲法違反の安保法制廃止」「立憲主義回復」の大義の旗を掲げて進めてきた市民と野党の共闘は、重大な危機を乗り越えて、今また力強く立ち上がってきたのだと思います。
これが、共闘の力、市民の底力だと胸が熱くなります。皆さんと一緒にたたかえることを、本当に幸せだと思います。安倍暴走政権を倒す歴史的なチャンス。市民と野党の共闘こそ、安倍政権を倒し、憲法をいかした国民のために新しい政治を切り開く力です。立場の違いをこえて、ご一緒に力を合わせていきたいと決意を新たにしています。私は、引き続き比例候補として頑張ります。 各選挙区では、野党共闘の候補・日本共産党候補へ、比例は日本共産党 へと広げてください。さぁ、超短期決戦。力を合わせて、必ず勝ちましょう!」

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。