page top

ブログ

都議選がスタート

 都議会議員選挙告示日、立候補手続きを終え事務所前での出発式。午前中は南地域をまわりました。初日から最終盤なみの反応です。演説中に複数の方からカンパも寄せられました。18才の高校生2人からも「浦野さん頑張って!」と。午後2時~は、笠井あきら衆院議員と中野駅北口で第一声。「くらしやご商売が大変になっている中で、皆さんが必死におさめている税金。大手ゼネコンぼろ儲けのためにおさめているわけではないはずです。保育園や特養ホーム増設、給付型奨学金制度充実、国保料の引き下げ等、くらし福祉最優先の都政を!税金の使い方をあらためさせる仕事、どうか都議会でさせてください。」と訴えました。定数3の大大大激戦。議席を必ず引き継ぐため、最後まで政策を訴え、全力で駆け抜けます。「いのち」と「くらし」と「憲法」を守るため、どの候補にも絶対に負けるわけにはいきません。皆さんの期待に必ず、応える結果を。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。