page top

ブログ

現場に学び

 おはようございます。2019年、最後の朝となりました。今日も地域をまわり、対話を重ねます。今年は、3期目の区議会を送っていただき、公約実現へ、日々、力を尽くしてきました。喜怒哀楽、悔しいこともありましたが、常に、住民の皆さんから学ぶ毎日でした。Twitterで、「#共産党は私だ」のハッシュタグをつけての投稿が拡がった時(参考記事)、私は添付写真のような投稿をしました。いまも、これからも、この想いは変わりません。

 リハビリの専門学校に通っている21才の時、こうした思いで日本共産党に入党しました。まさか、自分が日本共産党の議員として働くなんて、当時は考えてもいませんでした。先日、日本作業療法士連盟さんから依頼があり、その時のこと、いま感じていることを書かせていただきました。こちらからご覧いただけます。

 来年も、現場の声に学び、「あきらめずに、粘り強く声をあげて、力をあわせること」を大切に、全力を尽くします。皆さま、よいお年をお迎えください。そして、来年もよろしくお願い致します。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。