page top

ブログ

緑豊かな公園を守りたい

 中野駅北口で朝のご挨拶では、平和の森公園の再整備問題を中心にお話しました。今後、低・中・高木あわせ1万7千本以上の樹木が切られようとしています。緑豊かな公園を何としても守りたいと、その後、平和の森公園前でのアクションに合流しました。早朝から多くの方が集まり、延べ120名の方が参加されたとの報告がされました。
 区政報告新年号でも掲載をしましたが、「緑とひろばの平和の森公園を守る会」会員が、今回の再整備工事によって、〇樹木伐採による緑の減少、〇トラック設置による遊び憩える安全な場の減少、〇バーベキューサイト設置による公園内外の環境悪化、〇貴重種生物の喪失という点で、「財産の管理を怠る事実」があるとし、住民監査請求書を中野区監査委員に提出しています。少なくとも、この結果が出るまでは工事をストップさせるべきと訴えています。なお、もし、この請求が却下された場合は、住民訴訟を提起するとしています。本日の樹木伐採はおこなわれませんでしたが、引き続き、動きに注視していきます。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。