page top

プロフィール

幼少期―活発に遊んでいました

 
  

1980

 

両親が働いていたので、生まれてからすぐに保育園へ通うようになりました。両親は仕事の帰りも遅かった為、保育園や学童保育のあとはご近所の方の家でお世話になりました。 小学校2年生の時に弟が生まれ、とても嬉しかったことをよく覚えています。小学校の高学年になってからは、弟の保育園へのお迎えは私が担当に。ドッジボールやサッカー、夏は学童のキャンプなど、弟や友達と活発に遊んでいました。

学生時代―部活に明け暮れた日々

 
  

1993

 

中学・高校の6年問、ソフトボール部に入り、キャッチャーやショートを守っていました。リハビリの専門学校では野球部に。苦楽をともにした仲間とは、今も交流が続いています。

医療との出会い

 
  

1996

 

中学校卒業時に頭部の脱毛症となり、高校生の3年間はずっと帽子をかぶり通学していました。とてもショックで、辛い思いもたくさん経験しました。この経験がきっかけとなり、医療関係に興味を持ち始め、困っている人の助けになりたいという気持ちを強く持つようになりました。

就職ー医療現場で感じた矛盾

 
  

2003

 

2003年国家試験に合格し、中野共立病院に作業療法士として就職。現場で医療制度のさまざまな矛盾を体験しました。もっと医療を充実させ、誰もが安心して医療を受けられる世の中にしたいと思いを強くして、政治へ足を踏み出しました。

区議会議員として―最初の仕事は区内の放射線量測定

 
  

2011

 

2期6年、これまでにお寄せいただいた生活相談は650件を超えました(2017年3月末現在)。最初の相談は、「原発事故の影響が心配です。中野区内の放射線量を測定して欲しい。」という切実な保護者の声でした。区議団全員で区内の公園等を中心に測定し、その結果をもとに区へ対策を求めました。医療や介護、税金や保険料、マンション建設に伴う近隣環境の問題、道路のデコボコの修復、歩行者用青信号の延長など、相談は多岐に渡ります。お一人お一人の声を大切に、議会へ真っ直ぐ届けてきました。皆さんと一緒に声をあげ、切実な要求が実現した時、問題解決のため少しでもお役に立てた時程、嬉しいことはありません。行政、弁護士や行政書士、医療・介護スタッフなど、各専門家の方々と協力をしながら、問題解決へ引き続き、力を尽くします。

継続しての取り組み-被災地支援や街頭なんでも相談会

 
  

2016

 

この期間、多くの皆さんのご協力のもと東北被災地支援を継続することができました。2011年は泥出しや救援物資の運搬、以降は、仮設団地内で髪のカットや演劇等の開催などをおこなってきました。2016年末まで10回となりましたが、今後も中野からできることを続けていきます。 また、月に1回、以前の職場である中野共立病院・診療所の有志の皆さんが続けている中野駅北口での「街頭なんでも相談会」。職員時代から関わらせていただき、現在も相談員の1人として参加しています。「ブラック企業」に関する相談など、ここで寄せられた声も議会で取り上げ、区の施策改善につなげてきました。


2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。