page top

政策・見解

豊洲新市場は地下も地上も危険-市場は食の安全が一番の基準-東京民報5・6月号外

 汚染土壌の上にはたとえ盛り土などをしても、市場の用地にすることは想定し得ない。「生鮮市場は食の安全・安心が一番の基準」-これは現自民・公明政権の農水大臣の答弁で明らかになったことです。
自民・公明歴代都政が都民に約束してきた事が果たされず、農水大臣も市場をつくることは想定していないと認めている豊洲への移転は中止すべきです。
くらし守る都政へ、日本共産党の対案も合わせてご覧ください。


東京民報2017年5・6月号外
PDFデータ(約2MBあります)

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。