page top

ブログ

区庁舎移転よりも

 12日(日)投票で葛飾区長・区議会議員選挙が始まっています。区長選挙は、区庁舎移転に反対する住民運動の中心を担ってきた中小企業社長・無所属新人の木原敬一氏(新社会党・日本共産党などが支持)と自民党・公明党などが推す現職の青木かつのり氏の一騎打ちです。また、区議会議員選挙は定数40名を59名で争う大激戦に。日本共産党は4から6議席への前進を目指し(前回当選は5名)、中村しんご・三小田准一・中江秀夫・おりかさ明実氏の現職4名と木村ひでこ・樋口まこと氏の新人2名が立候補。区庁舎建て替えは中止し、児童館や公立保育園等の存続、バス路線拡充、無料自転車置き場の復活等を公約に掲げています。総選挙後、都内では最初となる大型選挙に。ぜひ、大きなご支援をよろしくお願い致します。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。