page top

ブログ

核兵器は廃絶を

 原爆投下から72年。今年は、「悪魔の兵器」を初めて違法とする核兵器禁止条約が国連会議で採択された、歴史的な出来事を受けて迎えました。日本原水爆被害者団体協議会をはじめとする被爆者の方々は、すさまじい被爆の体験を世界に向かって長年、発信し続けてきました。こうした長年にわたる活動が、多くの政府の代表者を動かし、人類史上初めての核兵器禁止条約の採択に結実しました。ところが、安倍政権の態度はあまりに情けないものです。アメリカなど核保有国に追随し、国連会議をボイコットし禁止条約の署名も拒み続けています。唯一の戦争被爆国の政府にもかかわらず、核兵器禁止の世界の流れに逆らう姿勢は失望と批判を集めています。日本政府はこの立場を抜本的にあらため、禁止条約への参加を真剣に検討すべきです。そして、核兵器禁止条約にサインし、核兵器廃絶の先頭に立つ政府を被爆国・日本でつくることが痛切に求められます(写真は今朝、広島平和記念公園の原爆碑に献花した日本共産党国会議員団)。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。