page top

ブログ

市民と野党共闘の勝利

 23日投開票の仙台市長選挙。民進党・社民党・自由党・共産党の4野党と「市民の会」の共同候補の郡和子さんが激戦を制し、初当選しました。まさに、共同の力でかちとった素晴らしい勝利です。日本共産党の小池晃書記局長は「仙台市政を変えてほしいという願いとともに、安倍政権に対する市民の深い怒りが明確に示された結果です。野党と市民が共闘すれば、勝利をすることができることの証明になりました。今回の結果を踏まえて解散・総選挙を強く求め、野党の選挙協力の態勢を急ピッチで構築し、そのための協議を進めていきたい。」とコメント。来週の横浜市長選挙もなんとしても勝利を。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。