page top

ブログ

怒りの審判を

 おはようございます。本日、6月18(日)志位和夫委員長が再び、中野へ。14~15時、中野駅北口にて医療関係有志の皆さんが街頭宣伝。14時15分頃、志位和夫衆議院議員が合流し、お話します。私も一緒にスピーチします。ご都合つきましたら、ぜひ、お立ち寄りいただければ嬉しいです。
 昨日は、区内6ヵ所の商店街を練り歩き、政策を訴えました。どこでも、「いまの政治、本当にひどい。」「安倍さんをなんとか辞めさせて欲しい。」など、怒りの声も次々と。また、熱く力強い激励が沢山。急な告知でしたが、地域の問題で一緒に解決に力あわせてきた方々も応援に来て下さり、本当に嬉しかったです。地元の商店街には、大門みきし参議院議員も応援に駆け付けて下さいました。共謀罪、加計学園問題はじめ、国会での論戦を報告。「安倍さんは都議選までに、都民が忘れてくれると思っている。民主主義を壊し、政治を私物化する安倍政権に、都民の怒りの審判をぶつけていきましょう。」と。政治のあり方が問われているいま、議会としてのチェック機能を果たし、切実な住民の声を真っ直ぐ届けるため全力を尽くします。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。