page top

ブログ

誰がために憲法はある

 今日はは半袖でちょうどよいくらいの陽気でした。3人の方からの生活相談で、終日、地域をまわりました🚲また、その合間の時間、ポレポレ東中野で上映中の「誰がために憲法はある」へ。<わたしたちは、世界でいちばん、強くて素晴らしい武器を持っている>、渡辺美佐子さんはじめ、ひとつひとつのメッセージが、強く、強く、心に突き刺さりました。

 実は、この映画監督の井上さん、区議選挙中の東中野駅での朝の街頭宣伝中に、進行方向とは逆の信号をわざわざ渡って、映画のご案内のお声がけをいただいていました。4月27日から公開となり、やっと、行くことができました。毎年、5月3日に憲法全文を読むのですが、映画を通じ、特に、「前文」がまた違った景色に。心を強く揺さぶられました。上映後のアフタートークには、安田純平さんが。今日以降も、連日、多彩なゲストを迎えてのアフタートークも予定されているようです。憲法をあらためて、捉え考える。必見です。ご都合つく方は、ぜひ、ぜひ、オススメです。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。