page top

ブログ

20年ぶりに

 昨夜、約20年ぶりに小学校5.6年生の担任の先生と、懐かしく楽しい時間をご一緒させていただきました。先生が卒業アルバムを持参されたのですが、自分の卒業文集、こんなことを書いたんだなぁと記憶には全くなかったのですが、運動会での100m走にあたり、開会式から競技が終わるまでの緊張感と達成感が記されていました。「ころんでもいいから全力で走ろう」と文中にあったのですが、この気持ちは忘れないでいたいなと思いました。写真の絵は先生の自画像。先生は眼がくりっとしていて、小学生の時の私の記憶にあるそのまま、明るくて元気でパワフルで、とてもキラキラしていました。「清く、正しく、美しく」。先生に教えていただいたことです。アルバムにもこの言葉がありました。20年の時を感じさせない、本当に素敵な時間でした。

2016年以前の記事は旧・ホームページでご覧ください。